古本専門店の価格

古本屋の古書目録の価格も、相場を形成する一つの目安です。 とくに専門店の目録はその分野のプロが値付けをするので、価格に安定性があります。古本専門店の目録は何年にもわたって、ほぼ同じような価格で出ている可能性が高いといえます。リピーターを相手に商売をしている ので、版元で品切れになったり新版が出たろといった理由もないのに価格が大きく変動すると、信頼が失われてしまうからです。 千円だった本が突然3万円になったりすれば、その古本屋の目利きも疑われてしまいます。また古本の専門店では、内容の価値に応じた値付けが期待されます。 去年十万円で お客様が買った本が同じ古本屋で一万円で出ていたら、お客様は怒ってしまいます。 古本屋は、リピーターを相手に信用を得てこそ成り立つビジネスです。将来値上がりしそうな古本は、あら かじめ予測できなければなりません。また、古本の価格の値崩れしそうなものについては、買い支えてでも価格を維持する必要があります。古本は相場が上がっているものが以前の安い値のままで据え置きにされている可能性もあります。同様に、すでに相場が下がっている古本が以前の高値のまま、おいてあることもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です