古本屋のこれから

まず、考えられるのは、電子書籍の時代が来るということです。新刊書店の立場としては、新刊が紙版ではなく電子版で書籍を買うとう行為が相当な脅威になるかもしれません。しかし、その点に関しては、古本屋には少し猶予があります。古本屋が扱う本は全て出版されてから時間が経過しているものです。これらは新しく出る本に比べると、ある程度普及しているので、短い期間での売り上げの効果は望めません。また、在庫が残っているにもかかわらず、電子版を出せば、在庫の処理が大変になります。電子版を出すといってもある程度コストがかかるので、簡単に電子版を出すわけにはいかないでしょう。その中で絶版や品切れになっている本は商業用として見切りがつかれているものなので、電子化をしても採算がとれないでしょう。そうした状況で古本屋にとって恐ろしいことは、図書館などによって大半が品切れになっている本が電子化されてしまうことです。絶版本が電子化される時代はそう遠くはありませんが、それがいつなのか誰も予測ができません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です