古本の買取り

市場に出ている古本は、大半が「安いもの」か「売りにくいもの」だと思うべきです。 もちろん、なかには魅力的な古本もあることはあります。けれど珍奇な古本であれば、売るほうにも 技術が必要です。自分が普段あまり扱ったことがない分野の古本を、売るのは簡単ではありま せん。 市場に来る古本屋のなかには、お客様からの買い取りが常に過剰になっていて、古本店で販売を試みることなくいきなり市場に出すようなケースもみられます。そうした、お客様から直接買い取った ばかりの品物を、市場では「ウブ荷」と呼びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です