古本屋にくるお客さん2

漫画売り場の壁の一面に、漫画家のサイン色紙が貼られている古本屋もあります。その様子はどこかの人気ラーメン店のようです。宣伝目的で飾り始めた色紙がサイン会のたびに増えていき、もともと少ないスペースがさらに少なくなってしまっていることもあります。中にはサイン色紙を飾ってほしいと、新人漫画家が色紙の持ち込みをしてくることもあるようです。

珍しいお客さんとしては、漫画の最終巻だけ買っていく人というのがあります。テレビアニメの放送が始まると、結末が待ちきれなくて古本屋で買うという人や、テレビ番組の資料として活用するというお客さんもいます。アニメの放送が終わると、こういった最終巻が古本買取に持ち込まれやすくなりそうです。

大ベストセラーの本は、新刊書店だけでなく、古本屋でも売り場面積に占める棚の面積が大きくなります。それにともない万引き率も高くなり、棚がぽっかり空いていると万引きされたのではないかと疑ってしまいます。

ゴルフコーナーの近くには年配のお客さんが多く集まります。そんなお客さんたちはスイングを我慢しているのか、微妙に身体が揺れているなんてことも。立ち読みにしてはやや広めの足幅で急に中腰になるなど、独特な動きをしています。

古本屋ではこんなお客さんからも古本買取をしています。