古本屋での色々な購買者

◎袋とじ

袋とじ部分を必死に隙聞から覗きこもうとする涙ぐま しい青年がたまにいます。
年配の方では堂々と袋とじを破くすごい人が目立つのに対し、若者たちは雑誌を水平に して、袋とじ部分を横から覗くように一生懸命です。そんな人も古本屋にはいます。

◎年配の元少年の購買者
ビジネス街の古本屋で、 週刊少年ジャンプを買っていく「元少年」が多いです。
年齢が上がるにつ連れて、出世魚のように愛読紙も変わる流れがありました。しかし今は週刊少年ジャンプを卒業しない「永遠の大きな少年」が増えています。気がつ いたら両さんが年下になっていた、 という店長のひと言でバイトが笑いました。そんな購買者も多く古本屋に来ます。

◎求人誌の表紙の笑顔と、 買っていくお客さまの顔の落差
「この笑顔、いやよね」と、パー トのおばちゃんが毛嫌いしている求人誌があります。 無料の雑誌もあるが、そうとは知らずにレジに持ってきて、休職中の悲壮感あふれる顔に、恥ずかしさをプラスして帰るお客さまも多い。

◎バイクコーナーに行く購買者
グラサン、草ジャン、 チェーンの 3点セット は、まちがいなくバイ クコーナーに行く。古本屋であまり見かけないワイルドな 兄ちゃんたちは、たいていバイ クコーナーに一直線します。ちなみに、釣り雑誌コーナーにいるお客さまはフィッシングベスト着用率 が高いなんてこともあります。

◎ある文庫は、ファンが棚出し前の台車にまで 群がってくる。
ある某文庫は、ファンが発売日を熟知 しているため、発売当日午前中に、 お客さまが売り場に集結したりします。とにかく無言で売り場に迫る姿は怖いが、カ バーや挿絵を見た瞬間にはしゃぐ姿はほほえましい。

この様に、古本屋には様々な購買者が訪れます。古本屋では、こういった購買者から古本買取もしています。
古本買取はさいたまのスマイルブックをお勧めします。